グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

上海師範大学
2014年1月号 経済学部 H.H

この一年間を振り返って

上海留学の一年間を振り返ったとき、そこにあった一番大きなプロセスは、自分とはどんな人間なのか?を知ることだったと思います。中国と日本を比べた場合、環境はもちろん違いますし、出会う人も全く違います。最初のうちはその差に慣れず、しんどいと思うことも多々ありました。ですがいったん慣れてしまえば、むしろ日本よりも心地良いと感じることが、とても多かったです。そうやって環境や人々に適応していく自分を見つめることで、今まで知らなかった自分の要素を、たくさん発見できました。一年経った今、自分に対する私の理解は、留学前と比べて大変深くなったと感じます。

自分への理解が深まることによって、物事の選択をする時に悩むことが少なくなりました。なぜなら、自分をより深く知るということは、その時々に自分が何をしたいかを感じられることに繋がるからです。

自分がしたいと感じる方向に人生を進めていくことは、より大きな幸福をつかむことに繋がると思います。つまり、私がこの一年間で手に入れた一番のもの、それは例えるならば、幸せの羅針盤なんだと思います。

 

帰国後どう留学経験を活かす予定なのか

中国で身に付けた、積極性とコミュニケーション力を使って、どんどん新しいことにチャレンジしていきたいです。今までの人生の中で、興味は持ったけれど、結局やらなかったことがたくさんあります。例えばそれは楽器であったり、スポーツであったり、数え出せばきりがありません。中国留学は、とにかく行動してみることが、楽しさや、素晴らしい体験を得ることに繋がると、私に教えてくれました。今後は躊躇せずに、たくさんのことに挑戦していけると思います。

 

留学を考えている方々へ

中国留学では、本当にたくさんのことを経験し、またそのどれもが、中国だからこそ経験できたんだろうな、と思うことばかりでした。おそらく日本で暮らしているときの数倍のスピードで、人間として成長し、そして日本では経験できないような楽しいことも待っています。もちろん人によっては、中国という土地が合わない可能性だってあります。ですが、何事も行動して見ないことには始まりませんし、中国留学には、挑戦してみるだけの価値が、十分にあると思います。