グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

フォンティス応用科学大学
2020年1月号 政策学部 R.F

①日本から持ってきてよかった物

日本から持ってきてよかった物を紹介しようと思います。

まずは、洗濯ネットです。

オランダは日本とは違って硬水のため、洗濯すると衣類の生地が硬くなります。

また摩擦でダマができたりと大変ですが、洗濯ネットのおかげでまだそれはなっていません。

食器を拭くタオルはネットなしで洗っているのですが、生地が硬くなりました。

次に、変換プラグです。

こちらで変換プラグを買おうと思うと、1つで約1000円です。

日本では100均で買えるのに、、、。

私はスマホとパソコンはAppleのものを使っていて、そもそも海外対応ですので変換プラグだけで使えます。

ドライヤーやアイロンは海外対応のものなので変圧器は必要ないですが、海外対応ではないものは変圧器がいると思います。

ショートしてしまうと大変ですから。

 

こちらの変換プラグは様々な国で使えます。
日本はもちろん、アメリカ、ヨーロッパ、タイ、オーストラリア、イギリスなどなど。
これは大きいので旅行時に使用しています。

こちらの変換プラグはCタイプで、黒が日本のコンセントをさせることができるもので
白がUSBをさせることができるものです。

 

また初めにも話したのですが、オランダは硬水のため髪の毛はバシバシになり、肌は乾燥します。

髪の毛は普段から使用していたオイルのおかげでサラサラですが、これは欠かせません。

肌は保湿剤クリームを毎日塗っています。

こちらにきた当初、乾燥で肌がめくれて大変でした。

他にも化粧水は私にとって大事です。

こちらには拭き取り化粧水といって、拭き取りタイプのものがほとんどです。

塗るタイプではないので私にとってとても不便ですし、硬水で肌が乾燥しているのに

拭き取るなんて!って思い、ネットで普段使用している化粧水を1L購入しました。

シャンプーやコンディショナーですがこちらで購入したほうが安いです。

あとは常備薬です。

こちらにも様々な薬はありますが、やっぱり日本が安心するので私は日本のものを2箱持ってきました。

オランダに来て毎年風邪をひいていたのですが、一度も引くことがなくとっても健康です。

ただ、女性あるあるの毎月起こる腹痛の時は消費しています。

こちらでは授業中のメモはみんなパソコンに打っているので紙は必要ないように思います。

私はルーズリーフ100枚買って持ってきましたが全く減っていません。

カップ麺は、普段から食べない方なので持ってきませんでした。

こちらには日本食を売っているお店が2店舗あるのでそこで買えます。

ただ、そこに行くと韓国のものばかり買ってしまいます。

辛いものが大好きなので、ご飯作るの面倒くさいなと思った日はそれを食べています。

 

②ここ最近の悲しかったこと

1セメスターが終わったのですが、ほとんどが1年留学じゃなくて半年留学のため

自分の国に帰ってしまいました。

せっかく仲良くなったアジア人や、授業の課題でおんなじグループになった欧米人との別れが

とても悲しかったです。悲しすぎて、帰って欲しくなくて、とても泣きました。

授業で仲良くなったスペイン人の女の子は、「さようならじゃなくて絶対また会えるから、またね」

っていってきて二人で号泣しました。

2月から新学期でまた初めから友達作りをしないといけないですが、みんなと仲良くなれるように積極的に話しかけようと思います。

 

アジア勢でお別れパーティーをしました