グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

リネウス大学
2013年3月号 経済学部 R.N

日本から持ってきたら良かったと思う物について

変圧器変換プラグ:これは日本の電化製品をスウェーデンで使うために必要となり、パソコンなど、着いてすぐ使用すると思うので必要だと思います。私は1つのみ持ってきたのですが、少なくとも2つは持ってくるべきだと感じました。また、ドライヤーですが、日本のものですと変圧器変換プラグに繋いでも電圧の関係で壊れてしまうため、ベクショーで買う方がいいと思います。

日本のお土産:私は1人部屋ですがキッチンは共同の寮に住んでおり、コリドーメイトが12人います。そのため、例えばそのうちの1人が誕生日を迎えることになった場合など、誕生日会を開くのですが、その時に日本のお土産などがあれば喜んでくれます。私はセンスやお箸や手拭い、おちょこなどの日本のお土産品を持ってきましたがどれも喜んでくれました。お箸や箸置きはここベクショーでも売られていますが、値段が高くあまり種類も多くないので日本で買うことをお勧めします。

日本食:納豆やうめぼしは持ってくることは難しいですが、味噌汁のインスタントやカレーなどのレトルト食品は持ってくることができると思います。やはり、2セメスターと長く滞在していると、日本食が恋しくなると思います。ロンドンやコペンハーゲンなど、ベクショーから離れた場所へ行けば味噌などの日本食品を手に入れることができますが値段は高いです。


現地の学生、友人について

私が通うLinnaeus大学には様々な国の学生が留学に来ています。そのため、大学内はスウェーデン語だけではなく英語はもちろん、多くの言語が飛び交っています。そしてスウェーデン人のほとんどの学生が英語を話すため、スウェーデンで暮らしていますが英語圏にいるような感覚です。 友人についてですが、私は授業で出会った学生や週末などに開かれるパーティーで仲良くなったり、ここの大学の、スウェーデン学生と私たち留学生とをマッチングしてくれるというプログラムを活用して仲良くなったりと多くの機会があります。先セメスターの授業で出会った学生と現在は全く違う授業ですが、今でも一緒にスポーツをしたりパーティーへ行ったりしています。また、マッチングのプログラムではその友人と一緒に町へ行ったり、スウェーデン料理を振舞ってくれたりと、多くの時間を様々な国の友人と過ごしています。今期のセメスター中の休みの日に、時間があえば友人4人ほどで旅行へ行こうとも考えています。私が知らない土地でもその学生の故郷であれば案内してくれますし、深くその国を知ることができるため違う国の学生と旅行することは私にとって良い経験になるだろうと思います。

 

気候について

現在、ベクショーはマイナス6℃から1℃ほどと、春にしては寒い気温で、いまだに雪が降っています。1月や2月のように多くの日が曇りや雪ということはなくなり、晴天の日が多くなりましたが、それでもまだ寒い日が続いています。また、現在日本では桜の季節で満開であると私の友人に聞きましたが、ここベクショーには桜はなく、最近になって近くの湖に張っていた氷が解け始めたという段階です。そのため、日本の春が3月末にまって暖かくなりはじめるということがいかにありがたいかがわかりました。今後は4月に入って徐々に暖かくなり雪も解け始めるとのことですので楽しみです。