グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

リネウス大学
2014年9月号 国際文化学部 J.O

<オリエンテーションについて>

オリエンテーションは二日に分けて行われました。一日目は主に履修登録の説明であったりスウェーデンの文化の説明、また警察官の方から現地で暮らしていくにあたっての注意事項を昼食時間を含め6時間ほど説明していただきました。説明会自体は特に堅苦しいものではなかったのですが、長時間という事もあって少し疲れました。二日目はキャンパスの見学会でした。二日目の見学会は特に重要なものではなさそうだったので、参加しない人も多数いました。しかし一日目のオリエンテーションはこれから大学生活を過ごしていく中で重要な一日でした。

 

<寮について>

私の知る中で寮は三種類あります。一つは私の住むVallgatan, 二つ目がPGと言われる寮で、三つ目がLyanと言われる寮です。各寮の特徴としては、まず大きく二つに分けられます。それはVallgatanのみがオンキャンパスではないという事です。なのでVallgatanに住んでいる留学生の大半は各自で中古の自転車等を買って通学しています。バスで通う事も出来ますが交通費を考えた時にやはり自転車を買う事をお勧めします。次に家賃ですがLyanのみが飛び抜けて高いと聞きました。その分部屋も他の寮に比べると広い作りになっています。例年まではLyanに日本人が集中していたのですが今年からはVallgatanに八割程の日本人が住んでいます。また今年はLyanに日本人は住んでいません。寮は自分で決める訳ではなく大学側から振り分けられます。なので、もし振り分けられた寮が自分の希望する寮でなかった場合、早めの対応を取る事をお勧めします。