グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

リネウス大学
2015年11月号 国際文化学部 T.S

①授業紹介

過去のマンスリーレポートでも紹介されていると思いますが、スウェーデンの大学のシステムは日本のとは異なります。というのも、こちらでは半年に基本3つから4つの授業を登録し、一ヶ月に1つまたは2つの授業を集中的に受講するという形式が一般的です。毎月末または翌月の始めにテストがありますが、授業によって筆記試験であったりレポート試験であったりと様々です。自分は現在Swedish music and artという授業を受講していて、その名の通りスウェーデンの歴史のなかでどのような音楽がどのように発展してきたのか、または近隣諸国のミュージシャンがスウェーデンの音楽に与えた影響などを教わっています。artのパートでは中世頃のスウェーデンの皇族が描かれている絵を見て、絵の描かれ方や、どのような事が色使いや人物の表情から読み取れるか、などを授業中にディスカッションしたりといった感じです。

②クリスマスマーケット

11月の末にダウンタウンを歩いていると、とても大きな馬が街のなかを歩いているのを目にして驚きました。後から聞いてみると、その日はクリスマスマーケットと呼ばれるイベントの日だったそうで、様々な販売ブースが街のメインストリート付近に並んでいました。「まだクリスマスまで一ヶ月近くあるのに、なぜ今?」と疑問に思いましたが、サンタクロースの格好をした小学生くらいの子供たちが、ダンスを踊っていたり、楽器を弾いていたり、また何かの合唱団なのか、ブースで歌を歌っている人もいて。とても賑わっていました。もし行く機会があればいってみるといいと思います。