グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

リヨン第三大学
2013年9月号 国際文化学部 K.K

オリエンテーションについて

オリエンテーションは各学部2回行われます。1回目は8月に有料、2回目は9月に無料で実施されます。私は2回目に出席しましたが、1回目の方はオリエンテーション+授業という感じで、出席した人に聞いたところ内容はかなり難しかったようです。私が出席した方はリヨンの街と学校の紹介、授業の取り方などを簡単に説明したもので、全てフランス語で行われるため内容は正直よくわかりませんでしたが、重要なことは配布されたプリントに書いてあるし、後から国際課(留学生の受け入れを行っている大学の部署)に行けば説明をしてくれるのでそれほど心配する必要はないと思います。ちなみに国際課には日本語の通じる人がいるので、困った時には彼を頼るといいと思います。

オリエンテーションの際、フランス語のテストが実施されます。このテストは留学生必修のFLE(フランス語の授業)のクラス分けのためのものです。4択の選択問題でかなり量が多いです。FLEは唯一フランス語を勉強するための授業なので重要なものですが、オリエンテーションではもっと重要なことがあります。それはとにかく誰かに話しかけて友達になることです。最初は日本人に声をかけるといいと思います。不安も和らぐし、お互いの情報を交換できるからです。

 

フランスでの一人暮らし

フランスの大学には基本的に寮が無いので学生は自分で生活をします。留学生は一人暮らしをしている人が多いですが、フランス人の学生たちは高確率でルームシェアをしています。大きいアパルトマンを借りて3人くらいで暮らすのが一般的なようで、週末はそこに友達を呼んでパーティーをします。一人暮らしの狭い部屋ではなくルームシェアをしているからこそ出来ることだと感じました。

日用品はリヨンの一番大きい駅「Part-Dieu」で殆ど揃います。Part-Dieuまでは学校から徒歩で20分、メトロで10分くらいです。また、リヨンの郊外にはIKEAがあるので布団等はそこで買うのもいいかもしれません。一人暮らしをする上で一番心配なのは食事だと思います。フランスの物価は日本と同じくらいですがパンと水とお肉はフランスの方が安いです。パン屋さんは街の至る所にありますが、どこでもバゲットは1€程で買えます。そしてとても美味しいです。野菜やお肉はスーパーではなくマルシェで買うのがおすすめです。マルシェは様々なところで開かれているので場所と曜日を調べてから行ってください。わたしは毎週末隣の駅のマルシェに行っています。スーパーで買うよりも新鮮で安く、会話の練習にもなって一石三鳥です。