グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

ユニバーシティ・カレッジ・コーク
2016年12月号 国際文化学部 Y.M

①治安、危険を感じたこと、トラブルについて

 

こちらに来て3ヶ月ほど経ちましたが、特にこれといって危険な目にあったことはありません。コークは比較的治安が良い街とされています。私の周りでも何かトラブルに巻き込まれたというような話は今の所ないです。しかしここは海外、日本でこういうのはあまりないかなということも多少はありました。前に友達とパンとコーヒーを買って教会の前でランチをしていた時に、職業不詳な感じの見知らぬおじさんに絡まれたことがありました。英語のなまりが強すぎて何を言っているのか分からなかったので、相手をせずにもくもくとパンを食べていたらどこかへ行ってくれました。また、別の日に川沿いのベンチで友達とご飯を食べていたら、いつの間に知らないおじさんが座り込んできて話しかけられたこともありました。相手をするのもめんどくさかったのでぱぱっとご飯を済ませて席を外しました。どちらもお金をせがまれたり、セクハラ的なことをされたわけではなかったのですが、なんとなく気持ち悪い思いをしましたし対応にも困りました。街に出ればホームレスや物乞いをする人々をしばしば見かけます。女の子だけでベンチで座っていたらこういうことが起こりやすい、そしてなるべく複数人で行動した方が良いということを頭に入れておいた方が良さそうです。

 

 

②Societyについて

 

UCCにはSocietyといって、日本の大学でいうサークルのようなものがたくさんあります。現在私はJapanese Societyに定期的に参加しています。このSocietyには日本が好きな人、アニメやマンガが好きな人、日本語を勉強している現地の学生や留学生などが参加しています。週に一回みんなで集まって折り紙をしたり日本の映画を観たり基本的な日本語を一緒に勉強したりします。すごくアットホームでUCCの生徒でなくても参加できますし、毎週絶対参加というわけでもないので行きたい人がふらっと遊びに行けるような感覚で参加できます。日本に留学したい、する予定だという学生もたくさん参加しているので友達も作りやすいです。

私はこれ以外にもIrish Traditional Music、Photography、International Studentsなどのイベントに参加したことがあります。イベントの情報はフェイスブックで確認できます。オリエンテーションの1週間後くらいにSocietyの勧誘&登録会的なものがあり、その時に気になったSocietyに登録しておけばその後のイベント情報がメールで送られてきます。もちろん登録をしていなくてもイベントには参加できます。どのSocietyも気軽に参加できる上に、共通の趣味があれば友達作りのきっかけにもなるので興味のあるものには積極的に参加することをお勧めします。

またUCCにはClubも盛んで、こちらはスポーツがメインです。ClubもSocietyと同じように勧誘&登録会がありました。私の友達はハンドボール部やバドミントン部などでアイリッシュたちと一緒に試合をしたりしています。スポーツ経験がある人、もしくはずっと続けている人は参加してみるべきだと思います。

Society終わりにはよくパブで飲んでます。

みんなでパーカーを作りました。