グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

セントラル・ランカシャー大学
2013年10月号 法学部 M.H

①環境について

私の留学先であるUCLANはイギリスの北部の町、プレストンにあります。ここは小さな町ですが、中心部であるシティーセンターへいけば基本的に必要なものは揃います。スーパーからドラッグストア、TOPSHOPなど衣類のお店も充実しているので、買い物もプレストン内で充分楽しめると思います。この町は学生街として栄えているので、多くのお店で学生割引が適用されており、学生に優しい街です。住居については、UCLANの寮は基本的に1人部屋で、キッチンを4、5人のフラットメイトとシェアする形式です。寮の選択のさいにシャワー、トイレ兼用のStandardと、各自部屋に設置されているen-suitが選択できます。私はen-suitの方に住んでいますが、とても綺麗で快適です。また洗濯機・乾燥機も私の住んでいる寮には寮内に設置されていますが、Standardでは近くのランドリーまで行かなければなりません。大学施設については、図書館が24時間利用でき、勉強するのにとても充実しています。勉強しながら飲食も可能で、館内にカフェも設置されているので、1日中ずっと図書館で過ごすことも可能です。パソコンから画像を印刷するのにお金がかかってしまい、学制証に自分でお金を入れて印刷しなければならないので、注意が必要です。

 

②国内旅行について

プレストンは北の小さな町ですが、駅は大きく、交通の面ではとても便利です。ロンドンからは距離がありますが北の都市であるマンチェスター、リバプールへは1時間程度でいくことができます。基本的には電車移動ですが、イギリスは電車がとても高く、ロンドンまでは正規価格で100£程度かかってしまいます。しかし、事前にインターネットなどで早めの時期から予約をしていけば10£で行くことも可能なので、遠出をする際は早めに計画をたて安いチケットを買うことをおすすめします。また、16歳から25歳までのRailCardという制度があり、このカードを30£で購入すればチケットを買う際に3割引きで買うことができるので、最初は出費がかかりますが、最終的には得だと思います。イギリスは各地域さまざまな方言があり、近場のリバプールに行ってもアクセントが全く異なるので、土日は時間があればさまざまなところに行って現地の人々と触れ合うととてもおもしろいと思います。イギリス内でもイングランドから離れてウェールズなどに行くとまた新しい文化にふれることができるので、新鮮な気持ちになると思います。