グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

セントラル・ランカシャー大学
2013年9月号 法学部 M.H

①オリエンテーションについて

到着してから、2週間オリエンテーション期間がありました。正式に学期がはじまる16日の前週に留学生用のオリエンテーションが設けられており、その週に様々なイベントが開かれるので、友達作りや、プレストンになれるための期間といった印象でした。特に必ず出席しなければいけないというイベントはなく、タイムテーブルを見ていきたいイベントに参加できます。学期始まりの16日からもう一周オリエンテーション期間があり、この期間に授業の登録や説明など、授業前にしなければいけないことを済ませます。授業登録のさいに警察の指紋登録やお金を預けたい場合の銀行についての書類も受け取ることができます。留学生用のオリエンテーション期間はあくまで+αといった印象で、寮費も契約分と別に一週間分支払わなければいけないので、必ず参加しなければならないわけではないようです。1週目のオリエンテーションでは主に無料のランチやディナーが用意され、ダンスイベントや軽いゲームなどが設けられていました。また、ほぼ毎日キャンパスツアーも開催されているので、自分の都合の良いときに参加できます。このオリエンテーション期間では常にオレンジのパーカーをきたUCLanの学生スタッフによって動かされているので、学生同士とてもフレンドリーで安心できます。週末には通常より安くマンチェスターやリバプール・ブラックプールにいけるイベントがありました。本当に安い値段でいけるのですが、定員があり、すぐに埋まってします。なので、早めの予約が必要でした。

 

②自由テーマ 天気について

プレストンは北に位置しているので南のロンドンよりも少し寒いです。基本的に雨が多いので、渡航の際は折り畳み傘と雨靴を持参することをおすすめします。(もちろん現地でも安く購入できます)1日に四季が全て入っているような天気で、朝は雨が降っていたのに昼間には晴れ、夜にはとても寒くなるといった日も多いです。なので、常に折り畳み傘の常備が必要です。この季節では、まだ暑くなったり寒くなったりするので、中は薄着で温かい上着をはおって温度調節をしなければなりません。1日晴れている日は珍しいので、晴れているうちにできるだけ外出することをお勧めします。近くにはとても大きな公園があり、晴れている日は本当に気持ちが良いです。イギリスは乗馬の文化なので、公園で馬に乗っている人を見ることもできます。先週は晴れの日が一週間続き、友人とミニBBQセットを購入して公園でBBQをしました。手軽に簡単にできとても楽しかったです。予定が天気に左右されてしまいますが、慣れれば割と楽しめます。