グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

ヴィリニュス大学
2019年9月号 国際学部 K.N

①オリエンテーションについて

 ヴィリニュス大学では全ての交換留学生に向けて「オリエンテーションウィーク」が開催され、1週間に渡り様々なイベントが用意されています。今年は8月30日〜9月4日までの1週間で、9月5日から授業開始でした。1日目はシティーホールに300人以上の留学生が集まり、大学の歴史や各キャンパスの説明に加え、リトアニアでの生活の注意点、履修登録の方法などの説明がなされます。2日目はお菓子やドリンクが用意された会場で留学生同士で交流するイベントがあり、3日目はランダムに決められたグループで軽いドライブ旅行をし、4日目は旧市街の散策と大学の図書館のガイドツアーでした。5日目〜7日目は各学部ごとの教授による説明会があり、授業内容やテストについての説明を受けます。また、この期間はほぼ毎日夜にパーティが催されるのでたくさんの友達を作る事ができます。

 

②ESNバディー制度について

 VUの留学生にはESNバディー制度が適用されます。この制度により各留学生にリトアニアの現地の学生がバディーとして携わってくれます。現地での生活でわからない事があればなんでも相談に乗ってくれるので、特に初めの数週間は不慣れな土地で不安なことも多い為非常に心強いです。私が特に助かったのはSIMカードの設定や公共交通機関の利用方法を教えてもらえた事です。また、到着した次の日にルームメイトが誰も来ず不安な旨を伝えると、一緒に夕食に出かけてくれました。VUの留学生への待遇・制度は素晴らしいと感じています。