グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

ワルシャワ経済大学
2021年3月号 国際学部 S.S

①授業選択について

我々交換留学生は、基本的には自由に履修登録をすることができます。しかし、その多くはポーランド語で開かれている講義であるため、英語で開かれている講義を履修する必要がありました。私が履修した科目は、(1)European Integration(2)Marketing(3)Theory of the State(4)Management(5)Quality Management(6)Project Management(7)Economic Sociology(8)The European Union Budget(9)Poland in the European Union(10)European Economicsの全部で10科目です。

15人くらいの少人数の授業で、グループを作りプレゼンを行うものもあれば、70人以上の大規模な講義もあります。シラバスには担当の教授の詳細や講義目的、成績方法、主な参考文献、補充文献、講義の授業日程(15講義分)が記載されています。他にも、この授業を履修することで得られる知識やスキル、社会的能力についても載っていたので、これに照らし合わせて授業選択を進めました。

講義方法は主に2種類あり、一つはMicrosoft Teamsを利用したオンライン授業。そしてもう一つは、e-sghと呼ばれるウェブサイトで行われるe-learning。私は対面授業の授業を履修したかったので、前者の講義を履修しました。

 

②苦労したこと

履修登録が始まって以降、この約2か月はかなり忙しなくなりました。オンライン形式での留学を含め、すべてのことが私の中で初めての体験であったことに加え、圧倒的に情報が少なかったので、グローバル教育推進センターの方々や、ワルシャワ経済大学のサポートデスクの方に本当にお世話になりました。

私が特に苦労したことが、履修登録やシラバスなどを確認することができるVIRTUAL DEAN’S OFFICEにログインすることと、授業が行われるMicrosoft Teamsにログインすることでした。1つ目に関しては、私のログインアカウントの期限が失効したため、パスワードを再発行するか回復しなければなりませんでした。その為、ITサポートの方に連絡を入れて、送信してから2時間だけ有効のリンクを送って頂いて、それにログインしなければなりませんでした。この作業が8時間の時差が関係してかなり苦労しました。2つ目は、MicrosoftのOffice365にログインした後、Microsoft Teamsにログインする必要がありました。しかし、Safariを通じてTeamsにログインしようとすると何度もエラーが発生したのですが、最終的にはGoogle Chromeを通じてログインすることができました。Teamsに関しては今まで全く利用したことがなかったので、Teamsのログイン方法をひたすら検索していました。