グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

クワントレン・ポリテクニック大学
2014年9月号 文学部 A.N

①オリエンテーションについて

オリエンテーションは3日間に分かれて行われました。1日目はInternational studentは全員参加が必須のオリエンテーションでサレーキャンパスで行われました。これから大学生活を送るにあたって重要なことをたくさん説明していただきました。大学のwebの使い方、保険加入について、教科書の購入方法、学生証の入手方法・使用方法などが主な内容でした。情報がたくさんあるので、分からないことがあれば後から質問したり、友達にきいたりして聞き逃してしまわないようにすることが大切です。2日目と3日目は自由参加で、留学生たちのレクレーションのようなものでした。2日目はリッチモンドキャンパスで軽食をみんなでとって簡単なゲームをした後、バスでダウンタウンまで移動してGranville islandというところまで行きました。ここはバンクーバーでも有名な観光地でギャラリーや大きなマーケットがあり、見ているだけでも楽しいところです。そのあとはsea busという船にのって移動し、pubに行くという流れでした。3日目はジムでヨガをした後、カルチャーショックについての知識や対処法などを説明していただきました。その後、各専攻別の先生方と話をしながらランチを食べてPNEという遊園地まで行くという流れでした。オリエンテーションではたくさんの留学生と仲良くなるチャンスなので積極的に参加するべきだと思いました。

②交通機関について

バンクーバーの主な交通機関はバスと電車とsea busがあります。バスはバンクーバーエリア内をたくさんのラインでくまなく走っているので、とても便利です。本数は各ラインによって異なります。また、休日・祝日は大幅に本数が少なくなるので少し不便です。海外ではよく考えられることだとは思うのですが、バスは時間通りに来ないことが多いです。今までの私の経験では15分も遅れたことがあります。日本では考えられないです。学校からの帰りのバスだったので急ぎではなかったため、まだよかったのですが、授業時間ぎりぎりのバスに乗っていくのはあまりおすすめしません。電車は本数も多くバーンクーバーのダウンタウンの方まで行くときはこちらの方が早くて便利なのでよく利用します。sea busはあまり使う機会はないかと思います。私は今、バンクーバーのサレーという所に住んでいてダウンタウンまではバスと電車を乗り継いで2時間弱かかります。気軽にダウンタウンまで買い物にいけないので、少し不便だなと感じることもあります。クワントレンの学生はこの3つの交通機関を乗り放題できるUPASSというものをもらうことができるのですが、残念ながら交換留学生はもらうことができません。スーパー等で1mounthのpassを買うこともできますが91ドルと割高です。たいていの交換留学生は正規のクワントレン学生からUPASSを買い取って使用することが多いようです。譲ってもらう学生にもよりますが、だいたい40~55ドルほどで入手できます。留学生活をすこしでも節約して有効に過ごすためにも、私はこちらをおすすめします。