グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

南ミズーリ州立大学
2015年11月号 政策学部 T.M

  1. 治安、危険を感じたこと、トラブルについて

治安は比較的安全といえるのではないかと感じます。大きな問題はあまり起こっていないように思います。留学する前に、家族や周りの友達に言われていたような、自分の持ち物をトイレやジム、食堂に置きっぱなしにしていると盗まれるといったことも、日本人だからと、だましたりされることも僕は別にないです。シカゴ旅行をしたときは、いきなり男同士で喧嘩になり電車でひどい悲鳴と本気の殴り合いが起こるといった物騒なことは実際目にしてきましたが、ミズーリ周りではそういった事態になったこともないので大丈夫です。シカゴのように都会ではない田舎のミズーリなので、人々も温厚なのかなと感じます。日本人の女の子から1つ聞いた話では、夜、連れていかれそうになったりしたらしいです。怖いですね。夜道は気をつけましょう。

 

 

  1. 自由テーマ【ご飯について1食堂カフェテリア1】

僕は食べることが好きです。食いしん坊です。食堂は取り放題、食べ放題形式でハンバーガー、ポテト、10種類ほどの野菜、スープ、コーヒー、ホットチョコ、10種類以上のジュース、ワッフル、ビーフやチキン、ソフトクリーム、カップケーキ、バナナリンゴなどフルーツ、数種類のゼリー、クッキー、牛乳、100%りんごジュースなどが毎日毎日食べることができます。多くの留学生や現地のアメリカ人ですら、料理の質とメニューに飽きている人が大多数です。本当にこればかりは個人差です。朝は野菜がない事と、日本食や大根や茄子が久しぶりに食べたいなと感じることは少しありますが個人的には大満足できています。味はすごく塩辛い時も濃い時もあり、おばちゃんが大量のポテトをついでくれる時もよくあります。たまにご飯や焼き白魚やメロンやイチゴなどフルーツがでたら嬉しいです。ハロウィンやサンクスギビングの特別な日にはメニューが変わるなどもありました。