グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

南ミズーリ州立大学
2015年2月号 経済学部 Z.Z

余暇の過ごし方

MSSUは田舎に位置していますが、寂しい生活を送るとは言えないと思います。一つの面で学校内の設備が充実しています。ジムやプール以外にMay student centerの一階にピンポンやビリアードなども置いてあります。また毎週一回映画を上映しています。宿題がいっぱいの時やスピーチがある時、私はいつもストレスが貯まるので、ジムやピンポンをしてストレスを発散しています。

また教会と学校が協力して留学生に対し、Friendship family、Conversation partner、Sunday lunchの三つの活動をやっています。私にはhost familyとconversation partner がいて、ほぼ毎週一回会います。いつもどこかのレストランに行くか、host familyの家で遊ぶか、一緒に教会のイベントに参加するというのが定番です。Sunday lunchというのは地元のアメリカ人が順番に毎週日曜日に家で留学生を招待するイベントです。誰でも自由に参加することができます。こちらで会った中国人のお姉さんによく呼ばれて、いつも美味しい本番の中国水餃子を作ってくれました。

学校が忙しいにも関わらずこんなにいろいろな活動に参加し、ほぼ毎日忙しいです。私にとってFriendship family、Conversation partnerやまた中国人のお姉さんはアメリカの親友のような存在です。休みのときにあちこちに旅行に行く学生も少なくないです。経済的な余裕があれば、ほかの町に行って、アメリカの歴史や文化を十分楽しめます。

以前山の奥に住んでいるアメリカ人の家を訪ねました。ちょうどご主人がクマとシカを狩り、ソーセージを作っているところでした。Joplinの郊外に野生のシカなど動物が多くて、よく道路を渡るときに車にぶつかって死んでしまいう事もあります。