グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

南ミズーリ州立大学
2019年12月号 国際学部 M.T

日本から持ってきてよかった物

絶対に持ってきたらよかったと思うものは、正直そこまでありません。というのも、基本的に欲しいと思ったものはなんでも売っていて買えるからです。アメリカに来る前は、色々なものがいるのではないかと思って、シャンプーやコンタクトの液などをたくさん持ってきましたが、消耗品はすぐになくなるし、シャンプーなども日本で売られているメーカーと同じものがあったり、全く必要なかったと思いました。ただ、こっちで化粧水が売られているのを見たことがなく(探したらあるかもしれませんが)化粧水を探していた友達が困っていました。なので化粧水が必要な場合は持って行くのがいいかもしれません。あとは薬を持っていった方がいいと思ったので持ってきましたが、私自身、あまり薬を飲まないということと、やはり大型スーパーで買えるという意味では持って来る必要はなかったと思います。ただ、日本のもので安心感があるというのはあります。また、コンタクトレンズを使用している人はこっちで買ったという話を聞いたことがないので必要分を持って来る方がいいと思います。多くの人が思いつくとは思いますが、やはりラップトップはあるに越したことはないです。文房具やノートは日本のものと違うので、こだわりがある場合は持って来るのもいいと思います。また、部屋の机の棚に鍵がかけられるので、南京錠もあると便利だと思います。着いてすぐ必要になるものはあらかじめメモをとっておいて、はじめのウォールマートに行くときに買うのがベストだと思います。

 

Thanksgiving day について

Thanksgivingというのはアメリカの大きな祝日で、今年は11月27日から土日含めた12月1日の5日間でした。この間は学校も休みになり、多くのアメリカ人はターキーやマッシュポテトを作って食べ、家族と一緒に過ごします。私もホストファミリーの家に行ってターキーなどを食べながら楽しい時間を過ごしました。また、11月29日はBlack Fridayという大規模なセールが行われる日だったので車で1時間半くらいのアウトレットに行ってきました。その日は多くの買い物客で大混雑していましたが、どこも半額以下などお買い得でした。Black Fridayはオンラインでも行われているので、欲しいものがあるなら要チェックです。また、大型連休ということもあって、1セメスターしかいない人たちは旅行に行っていました。しかし、Thanksgivingは日本でいうお盆やゴールデンウィークのようなものなので、飛行機のチケットの値段が2倍か、もっと高くなっています。私は2セメスターあり、Winter Break、Spring Breakとまだまだ休みがあるので、Thanksgivingはジョプリンで友達と過ごしました。Winter Breakは丸1ヶ月あり、カフェテリアも閉まるのでこのタイミングで旅行に行くのがオススメです。実際すでに、カリフォルニアに旅行に行ってきて、これからまた旅行を控えているので、次回以降でお話しできたらと思います。