グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

大連外国語大学
2012年5月号 経営学部 S.Y

日本から持ってきたら良かったと思うもの

大連には日系のデパートがあり、値段は高めですが、そこで日本の食料品や日用品が手に入ります。また、多くの日用品は普通のスーパーで売っているもので対応できます。特にシャンプー、ボディーソープは日本と同じものが売っているため、持ってくる必要はありません。多くのものが大連で手に入りますが、手に入りにくいもの、持ってこなくて後悔しているものについて紹介したいと思います。

手に入りにくいものとしては、日本製の薬・化粧水、日本語で書かれた本が挙げられます。薬に関しては、普段あまり薬を飲まない人も一通りの症状に対応できるようにしておいた方がいいと思います。特に中国ではおなかを壊すことが多いように感じるので、おなかの調子を整える薬は必要です。病院に行くほどでもないというとき、とても役立ちます。 化粧水は、日本製のものを探すのが難しいです。また、見つけても日本で買うより高かったり、製造地が中国だったりとなかなか納得いくものがありません。中国製の化粧水で肌が荒れることもあるため、使い慣れたものを持っていくことをお勧めします。 日本語で書かれた本についてですが、例えば、文法書や単語集です。分からない文法について調べるとき、総復習したいときにあると便利です。できるだけ詳しく解説されたものがいいと思います。持ってこなくて後悔しているものは、日本の写真です。他の国の友達に日本を紹介するときにあると話が盛り上がると思います。また、話のネタにもなります。

 

現地の学生、友人について

大連外国語大学には、日本語を学ぶ学生が多くいるため、相互学習の相手は簡単に見つかると思います。日中交流会も毎週開催されているため、中国人学生と交流し、そこで相互学習の相手を見つけることもできます。また、寮のあたりを歩いていると、中国人学生から日本人ですか?と声をかけられることもあるようです。 私は、交流会で多くの中国人学生と知り合い、相互学習をしたり、一緒にご飯を食べたり、遊びに行ったりしています。私たち留学生は午前しか授業がないため、午後の時間を利用して一緒に勉強しています。彼らは勉強熱心で、日本語のレベルもとても高いです。そのような彼らの姿にとても刺激を受けています。 中国人以外にも、多くの国の人と仲良くなるチャンスがあります。私のクラスは、時々クラスみんなでご飯を食べに行きます。いろいろな国の人と、自分の国のことについて話すのはとても新鮮でおもしろいです。文化の違いに驚かされることもよくあります。初めのころは、中国語が思うように話せなくてなかなか自分から話せませんでしたが、みんなフレンドリーで優しいので、いつの間にかみんなと会話できるようになっていました。 このように、いろいろな国の人と仲良くなり、考え方の違いを知ることも留学の一つの醍醐味だと感じています。日本にいるとなかなか経験できないような環境で学んでいるなと感じます。

 

連休について

日本のゴールデンウイークと同じくらいの時期に、中国でも連休がありました。その連休を利用して5泊6日で上海に旅行に行きました。ユースホステルに泊まって上海を散策するという旅でした。飛行機のチケットの手配やホテルの予約などはすべて自分たちで行いました。また、日本人三人で行ったため、どうにかして自分たちで中国語で意思疎通を図る必要がありました。それは思ったより大変でしたが、やりきったときに少し自分の自信になっていました。大連に帰ってきた後も、以前より積極的に中国語を話していけるようになった気がします。そして、もっとたくさんの人と自由に中国語で会話したいという思いが強くなり、勉強にも以前より集中するようになりました。この旅行は、自分の中国語力を確認することができ、また中国に来てからの2か月間の今までの過ごし方を振り返るいい機会になりました。普段暮らしている場所から少し離れてみたり、中国語の面で頼る人がいないという場面を作ると、自分の成長につながると感じました。これからも何回かこのような旅行に行く機会を作りたいと思っています。