グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

大連外国語大学
2020年1月号 経営学部 S.T

この留学を振り返って

 

 私はこの中国留学を振り返って、どの場面を振り返ってみても自分が成長できたと思います。

留学に来なければ知らなかった世界、体験、中国に留学出来てとても良かったと感じています。

 中国に行く前は、自分の知らない国に留学することに勇気が出ず、少し留学をためらう気持ちもありました。語学も全く修得していないのに生活していけるのか、知らない土地、国でやっていけるのか、未知だからこその不安が沢山ありました。 

 しかし、一歩踏み出す事さえできれば、自分の世界を広げることが出来ます。もし、私が中国留学を諦めていたら、今の中国語の知識は勿論、中国留学に行ったからこその経験もなかったのかと思うと、行って本当に良かったと感じます。 

 留学の目的として、語学の修得を目指していましたが、語学面だけではなく、これから社会に出てからも必要になって来るであろう、精神面、物事の考え方、視野の広さが鍛えられたなと思います。留学を諦めずに、最後まで来れて本当に良かったです。

 

 

卒業式

 

期末試験が1月7日に終わり、1月10日に卒業式が行われました。卒業式は日本で行われるものと似ています。

 13時30分から式典が始まり、スライドショーが投影されます。1学期で行った行事の写真が流れ、みんな思い出に浸る雰囲気でした。次に、成績優秀者、活動などで表彰された人、クラブなど、卒業式で改めて表彰式が行われました。この表彰式が式のメイン行事です。

 表彰式が終わると先生達の生徒に向けて祝辞があり、式が終了します。

留学生全体は500人以上在学していますが、卒業するのは100人程度なので、式は思っていたより早く終わりました。

 この卒業式ではスライドショーと先生の祝辞にとても感動しました。自分の留学生活は、人生において凄く貴重で素晴らしい経験であったなと改めて感じました。

 入学式の時、ひな壇に立っている人が話している言葉をひとつも聞き取れずにいたのが、卒業式では、全て聞き取る事が出来たことにとても驚き感動しました。

 留学始めの1カ月は、言語も理解できずに困る事が多かったですが、慣れてからの生活はとても充実したものでした。