グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

東フィンランド大学
2013年10月号 文学部 H.O

環境について

東フィンランド大学はヨエンスーという街にあります。ヨエンスーは小さな街ですが、必要なものは揃えられるお店はあるので、表示が全てフィンランド語ということを除けば、非常に暮らしやすいです。ただフィンランドの物価は日本に比べるとなかなか高いのが悩ましいところです。醤油やみりんといった調味料はあるのですが、カレーやシチューなどがないので持って来れるものは持ってきたほうがいいと思います。やはり日本食が一番だなとしみじみと感じます。 また私はKarjamaentieというフラットに住んでいます。3人でキッチン・バス・トイレを共用し、各々が部屋を持つというスタイルです。他にも同じようなフラットがあり、このフラットは街のセンターから4キロほど離れています。しかし自転車があれば移動は苦ではないです。景色を眺めながらサイクリングするのは気持ちのいいものです。部屋のスペースは十分あるので落ち着いて暮らすことができます。

自由テーマ

私はオータムブレイクを利用して、イギリスに旅行に行きました。ロンドンは様々な人種が共に暮らし、多くの文化が融合していました。通りによって雰囲気の違う建物や、世界遺産の建築物などはやはり素晴らしかったです。しかし私が一番心打たれたのはミュージカルです。本場で見たミュージカルはパワーに満ちていて、ステージと観客が一体となる雰囲気にとても興奮しました。是非行く機会があれば、試して欲しいです。ロンドンの街は、日本とは違って様々な人種が行き交い、皆が英語を話す姿はとても刺激的でした。ネイティブの話す英語に触れる機会が多かったおかげで、これからの生活に対するモチベーションを上げることにもつながりました。