グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

リヨン第三大学
2018年10月号 国際学部 A.N

環境について

まず定期券についてお話ししたいと思います。
リヨンではTécélyという定期券があります。

学生定期は1ヶ月5000円くらいで買うことができます。留学前は大学まで徒歩3分のアパートに住むので、定期は買わなくても良いかなと思っていましたが、毎月買っています。その理由は定期区間がリヨンではないからです。そしてTCL(transports en commun lyonnais)の交通機関で使用可能なので、トラム、メトロ、バス全て乗り放題です。時間がたくさんある留学期間中は、なるべく色んな所に外出した方が様々な経験ができると思うので、私はこれを購入するのをお勧めします。またこれには注意点があります。日本の様に買った日から1ヶ月間有効ではなく、月の初めから終わりまでという有効期限なので気をつけてください。また買う人は9月に発行しに行く事になると思いますが、凄く並びます。是非友達と一緒に行ってください。

次に買い物にいく場所についてお話したいと思います。リヨン第3大学の最寄り駅から2駅でLa Part Dieu というショッピングモールがあります。そこには大きなCarrefourがあります。またHEMAやflying tigerなどの雑貨屋や、PRIMARK、ETAMなどのアパレルショップもそこそこ集まっているので、新生活で必要なものや、秋冬で必要だけど、かさばる衣類等はここで買っても良いのではないかと思います。また場所は違いますが、T2のPorte des Alpes駅にあるIKEAは大学から30分ちょっとで行く事が出来ますし、フランスでもやっぱり他のブランドと比べて安いので行く価値はあると思います。IKEAの横にあるAuchanというスーパーも凄く広くて楽しいですよ。

 

日帰り旅行について

ハイシーズン最終日の9/23にAnnecyに日帰り旅行に言って来たので、その時のお話をしたいと思います。
人それぞれ旅行でのお金の使い方は違いますが、私は交通費をなるべく抑えて、その他でお金を使いたかったので、往復バスで行きました。でも1社で往復するのには良い時間帯がなかったので、行きはouibus帰りはflixebusを使いました。往復20€ほどで行く事が出来ました。
ヨーロッパ1の透明度の湖があるので、クルージングをしてみました。凄く良かったです。またGlacier Des Alpesという人気のアイスクリームとReblochonという特産のチーズも食べて満足でした。