グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

セントラル・ランカシャー大学
2019年3月号 国際学部 T.M

余暇の過ごし方

今回は余暇について説明したいと思います。私のコースでは平日はほぼ毎日3〜5時間ほど授業があり,時間割も不規則で午前中だけの時間割や午後からの時間割などがあります。授業外では、友達と会ったり、ジムに行ったりしています。運動することはすごくリフレッシュになるので授業外はよくサッカーをしたりたまにボルダリングをして楽しんでいます。また、週2回1時間ずつ日本語アシスタントがあり日本語を勉強している学生に日本語を教えたりもしています。週末は基本友達と外食したり、家でダラダラしたりしていますが、天気が良い日はマンチェスターやリバプールなどにも行きました。大きな休暇としては、クリスマスの期間とイースターの期間に約2週間ずつ休暇があります。僕は、それらの休暇中にヨーロッパ各地を旅行して楽しむことができました。イギリスからドイツやフランスなどへの格安航空券がよくあるので早めに計画してその期間中はたくさん旅行することをおすすめします。

最後に、イギリスは天気があまり良くなく、外に出たいという気持ちが薄れることも多いですが、留学をよりよくするには日々活発に何かに取り組むことが大事だと思います。留学生活も残りわずかですが、もっと充実した留学生活を過ごせるように余暇の過ごし方も大切にしていきたいです。

 

日本語アシスタント

今回は、日本語アシスタントについて紹介したいと思います。

UCLANにはworldwide centreという語学を学ぶのに便利な場所があります。僕はそこでインターンという形で毎週二時間、日本語を学び始めた初級レベルの生徒に日本語を教えています。毎回、多くの熱心な生徒が日本語を学びにきてくれるのですごくやりがいがありますしこの経験から多くのことを学ぶことができました。僕自身、今まで英語学習者として多くの友人に英語を教えてもらいましたが、逆に自分が日本語を海外の方に教える機会はあまり無かったので最初は教え方に色々苦労しました。ただ、僕は多くの人に日本語を勉強する上で日本の文化や伝統も学んで欲しかったので、それらのテーマに沿って楽しく一緒に勉強し異文化交流をすることができたと思います。すごくやりがいのある日本語アシスタントなのでこれから留学する方で興味を持ってくださった方がいれば強くお勧めします。